本文へスキップ

iPhoneはどこまで進化した!?特徴をわかりやすく解説

そのほかの変化

ホームボタンの廃止や顔認証機能の実装のほかにも、平成29年に発表されたiPhoneには、以前のモデルにはない変更点がまだまだあります。搭載されているチップも、以前の機種より飛躍的に性能が向上しています。さらにカメラはインカメラでもポートレートモードの使用が可能であり、SNSへの投稿用として自撮りをする人が多いいまの時代、この機能に魅力を感じる方もいるのではないでしょうか。そして、そのほかには充電のしかたにも変化が起こっています。

これまでスマートフォンの充電というと、USBで行なうのが普通でした。平成29年に発表されたiPhoneも以前の機種と同じようにUSBをつないで充電することは可能です。しかし、それに加えて無線での充電が可能になったというのが、新しいモデルでの主な変更点として含まれています。別売りのアイテムではありますが、無線の充電器を使用することによって、ワイヤレス充電を行なうことができます。また、宿泊施設や空港などで用意されているワイヤレス充電ステーションなどでも、充電が行なえるしくみになっています。

また、これまでにあって良かったと思われている要素が失われていない点も見逃せません。たとえば防塵・防滴性能はひとつ前のモデルと同等の高さを保っていますし、カメラの画素数も非常に高いことは変わりません。