本文へスキップ

iPhoneはどこまで進化した!?特徴をわかりやすく解説

iPhone10周年

平成29年は、iPhoneが登場して10周年となる年でした。そしてこの年では2機種が発表となりましたが、その片方の機種ではホームボタンがなくなりました。このホームボタンをなくすという変更により、本体の前面はほとんど全部がディスプレイになっています。この変更点について、これまでホームボタンで行なっていた操作はどうするのかと思った人もいるでしょう。これについてですが、画面下部でのスワイプ操作によって、従来のモデルにはあったホームボタンでできたいたことのほぼ全てをこなすことが可能です。

また、ホームボタンが廃止されているほうの2017年発表の機種は、画面サイズが過去最大となりました。5.8インチという大きさです。画面が大きくなるのは見やすくていいけれど、持ちにくくなるのは嫌だと感じる人もいるでしょう。しかし、ほぼベゼルがないということで、本体のサイズ自体は2017年に発表されたもう一方の機種に比べて小さい仕上がりとなっています。

初期のiPhoneと比べるとさまざまな要素に違いが見られる2017年モデルですが、ホームボタンが消えたことや画面サイズが大きくなったこと以外の違いについては、ほかのページにまとめています。いまはiPhone以外のスマートフォンのユーザーだけど、新しいiPhoneには興味があり、良さそうであれば乗りかえてみたい、iPhoneを使っているけれど、2017年のモデルを購入するか迷っているという方は、特徴を知って買うかどうか検討してみるのも良いのではないでしょうか。